新垣

罪人の記

新垣の買い物記録

親友の山田と、もう1人とで、我々3人は寿司を食べに出かけた。山田の夏休みが終わる頃だった。我々は寿司で満足し、UNIQLOに出向きはしゃいだ。楽しかった。そして私はお目当の品を買った。今日はその話をする。

 

f:id:uz4101x38r323s163:20170831233348j:image

 

ジョンメイオール&ブルースブレイカーズwith エリッククラプトン

これを1500弱で買えたのは運が良かった。ラインミュージックで聴いたのが初めてだったが、一発で好きになった。粋なブルースを聞かせてくれる。パワフルで、とても自由に。

私は、このアルバムで聞かせてくれるエリッククラプトンの極上なディストーションサウンドが好きだ。気持ちが良い。そしてクラプトンが、聞かせるギターソロは、とてもテクニカルで、私を興奮させる。ジョンメイオールも彼にも負けずと、アレンジを施している。ギターソロを引き立てるも、自身をも引き立てる勢い。素晴らしい。とても満足だ。私もこの様な音楽がしたいと音楽に対しての情を再び燃やしてくれた。このアルバムは念入りに研究していきたい。とても参考になる小ネタが沢山あった。私はクラプトンの参加したアルバムでも、1、2を争うレベルで好きだ。少なくとも、このアルバムはギターヒーローの在り方や、ギターの立ち位置を決定付けた作品ではないだろうか。今のセリフはそれっぽく言った。特に何とも思ってないが、それで充分だろう。クラプトンは最高なんだ。

 

f:id:uz4101x38r323s163:20170831234154j:image

 

欅坂46のアルバムも買った。TYPEBを買った。そっちが安かったので。でもネットの方が安かった。欅坂にハマったきっかけは、ヴァンヘイレンのある格言とやらを思い出したからだ。「あらゆるものを吸収する。」という彼なりの考えを私も真似て、J POPを聞く事にした。J POPを聞くならゴリゴリな野郎達は何かなと思いながら頭を掻きながら、Twitterを眺めてた。「欅って書けない」がトレンド入りしてた。これで良いやと思ってイヤホンを耳に突っ込んだ。舐めてた。ありゃミュージシャンだ。秋元康を始め、様々な支持者が彼女らを全力で支え、それに応える。表現の仕方は勿論、歌詞や曲、踊りにぶっ飛んだ。可愛さもそうだ。平手友梨奈ってセンターの子、俺と同い年⁉︎参ったな、俺にできるのかなんて考えるものの、可愛いな〜〜なんてぼやいてる。それにしてもだ、秋元康という男。私の夢のひとつに彼を業界で潰す、というのがある。益々おじさんに嫉妬が深まる私。これは良いぞ。将来が楽しみだ。

肝心のアルバムの中身は、やはりすごい。1枚目はクールな曲とアイドルやってる曲とのバランスが取れてると思う。いや、本当。2枚目はゆいちゃんずや青空とMARRYなどの小規模なグループの曲がメインに入ってた。曲、すごい。これは盗める、って感じたのがいくつもあった。とても刺激的だった。

 

結果として、とても良い買い物だった。どちらの作品も、私に刺激とアイディアを与えてくれた。この買い物にはとても感謝している。では、これにて。

 

 

新垣とThe Beatles

私が小学5年生の丁度秋だったと記憶している。The Beatlesというとても偉大なバンドに出会ったのは。その頃の私は音楽に飽きていた。日本のポップスの歌詞はつまらん。退屈だ、などとロクに聴いてもいない少年の口は大きかった。

 

そんな日々にだ、母さんがThe Beatlesの赤盤青盤をいとこから借りてきたのは。私は少し昔にジョンレノンの本を読んだ。彼がどんな人物でどんな曲を書くのか気になった。早速聴いた。Love Me Doから私は吹っ飛んだ。私は早速赤盤を念入りに聴いた。昔も今も、Please Please Meや、All My Lovingなどからとても影響を受けた。大きすぎたのだ。何もかもが。

 

赤盤はどちらかと言うと聴いたことのある曲は少なかった。しかし私は赤盤あってこそ今があると感じる。初期の人気曲を収録したこのアルバム。まず上記の2枚と1が好きなんて言ったらニワカのレッテルを貼られ虐められるのがオチだと知っている。無難にsgtなんて答えるのが最近の事情って感じで……好ましくない。

 

話が逸れた。初期のThe Beatlesは、本格R&Bバンド(笑)なだけではなく、彼らの範囲の広さが何となく分かるような雰囲気である。普通に聴いても楽しめるが、ベースラインや、曲を壊さないギターソロ、ロックのビートの基盤を作ったドラム、何よりも彼らの音楽の守備範囲とアレンジ能力の高さは認めざるを得ない。彼ら個人に特別凄いと言える能力は多くはないが、今では知ってなければキレる信者もいるくらい名が広まっていった。いや、知らない奴は知らないんだよ勘違いするな。

 

青盤、一気に雰囲気が変わったが、すんなり入れた気もした。青盤は聞いたことある曲は多々ある。オブラディオブラダなんかが好きだった。今では大っ嫌いだが……。青盤の魅力は上記のアレンジ能力の云々に加わる、曲が複雑になったり、個人のスキルが目立って来た頃の人気曲を集めたもの、に限る。私自身The Beatlesなんてそんな自身満々に「知ってる」なんて言えない身だが、これは言い切っても良いと思ってる。ダメ?そっか……。

 

なんで、いきなりThe Beatlesの話するかって言うと、今赤盤を流しているからである。赤盤はいいね。雰囲気が好き。The Beatlesって感じ。なんだかんだ俺は初期の頃に影響を受けてるのかも、しれない。因みに1番好きな曲は、Dear PrudenceとIf i needed someoneです。以上、解散

ヨーグルトを食べている

ヨーグルトを食べているよ

 

白い大地を口へ放り込んでだ

 

雪の結晶は春へと飛び立つんだ

 

ヨーグルトを食べているよ

 

掛け布団の様に優しく

 

高めの羽毛はみるみる飛んでく

 

ヨーグルトを食べているよ

 

甘く冷たいそのヨーグルト

 

口いっぱい広げて受け止める

 

ヨーグルトを食べているよ

 

新垣のあのそのえっと

躁状態真っ只中の私。いざ鬱状態の頃を振り返ってみるものの。「うっわ〜〜こいつ、ばっかみたいだな〜〜おい(笑)」くらいの感想しか出てこない訳である。おかしいな、その彼は人生で1番病んでいた筈なんだけどな〜〜と頭を掻きむしりながら1日も、終わりに差し掛かり、夏休みの尾も見え始めてきた。あ、宿題……。

 

ここ最近は水曜どうでしょうを見ている。寝起きから昼間、そして就寝前まで大笑いをする訳だ。間抜けズラで。そんな日々も悪くなく、態々友達とコミュニケーションを図る事も馬鹿らしく感じる。前々から友達なんて両手の数だけいればそれで良いと考えてはいたが、それは気分とは関係のない芯が真っ直ぐな意見だという事だ。

 

性処理も面倒くさく感じる時も出てきたが、アイドルにハマってしまえば、あとは流れに身を任せば良い。食事も、最近はこれが美味い、とかよりは栄養素がうんうんといった調子だ。睡眠も最近はそんな取らないし、アレ?俺大丈夫かい?なんて事を今思った。大丈夫、多分。

 

しかし今私のブログをだ。振り返ってみればだいぶ文字数が増えた。いや、そんな多くはないが、始めた頃は二百字で精一杯だった。そう考えたら、病んだらブログに依存するのか、或いは暇かのどちらかだ。私は次、どんな顔でブログと睨めっこをすれば良いのだろうか。

 

 

 

新垣の最近の事

私の最近のソレは愉快と表現する。私は休暇の中でストレスを和らげ新しい趣味や興味を膨らませたりした。病みに対抗できるのは変化する事だと思う時もあって躁状態の今こんな事をして心身を満足させる事に専念している。

 

アイディアが良く出るようになった。個人的にとても興味を持てるものや、笑い話には美味しいだろうなどといった、所謂天狗状態になったともとれる。面白いか否かはさて置き、この状態でどんなアイディアを出せるか自身に期待している。

 

欅坂にハマった。これが1番でかい。アルバム買っちゃおうかなとも検討中である。アイドルだけあって、顔、衣装は勿論、歌詞、曲、踊り、そしてそれらに対する姿勢やカメラワーク、などといったソレにとても関心を持っている。何から何まで私に刺激的なものを与えるのだ。そしてソレにハマって気付いたこともある。私自身、考えや他の事事が、とても古いという事だ。アナログ人間。表現自体はユニークで現代味を秘めてる響きだが、意味さえ分かっていれば「皮肉かい?」と冷たい口調で睨むであろう。

 

これもでかいが短編小説にハマった。何故長編では無いかと言うと、自身の集中が持続しなく、諦めが早くて読書を楽しめない様な状態になっていたからである。芥川龍之介をはじめとする様々な短編小説をこれから読んでいきたい。私は芥川龍之介が好きだ。彼の短編小説だけで無く、彼の思想にも興味がある。

 

最近よく読むのが太宰治だ。人間失格を読んでとても心を打たれたが、どうやらあれは、通者達は、それを最高傑作とは言いたく無いらしい。何処かの界隈とも似ている。大人しく天国への階段が好きとでも答えれば良いものを、「にわか」と言う単語は、自ら使うには楽だが他から言われると虫酸が走る。お前は何様だ?                          俺かい?俺は、駄作だ。

駄作が!喋るな‼︎

 

忘れてくれ。あつくなった。

 

我こそ我こそと欲を張り

他の欲を悪と言い張る。

君のソレは平常かい?

まさか、笑ってくれても構わんよ

煙草の吸い口忘れたの?

煙草に入りも出もあるもんか

そこからだと、不味いだろう?

構ってくれるな暑い月光

 

 

或る休みの日の事でした。私がジャズに耳を傾けたのは。それはとても暑い夜だったと記憶してます。ですので、エアコンを動かして冷たく風を吹かせました。しかし1人では寂しく思い、又、物足りないとも思えました。ですので、前々から興味のあった「ジャズ」を流すのは、とても良いタイミングだと、思えたのです。以前耳にした「チャーリーパーカー」というこれ又素晴らしい評価を得たサックス奏者の演奏を聴いたのです。その日の夜は、何と申しますか、エッチな気分になる、と申せば言い過ぎで、気分が高々に上がった、と申すと足りない気がしました。あの日の気分は、一体何なのでしょうね。

 

 

新垣は1つ歳をとった

今日は誕生日だが、タイトル以外の感想が無く、特別な雰囲気が全くない。今まで誕生日は何かを象徴する特別な日だったような気がするが、今では特に何とも思わないの、なんか変な気分ね。

詩 :憎

憎い。

 

己の存在が憎い。

我の苦を

我の恥を

我の鬱を…

 

刺す。

 

苦しみを刺す。

己を刺す。

死を受け入れ愚かになる。

刺して無へと還る。