新垣

罪人の記

新垣と不眠

無駄な病みから1時的に解放されたと思いきや、今度は不眠である。神様もよっぽどの物好きと見える。私は夜早く眠ろうとは心がけている。少なくとも11時までにはベッドの中に潜り込んで、静かにしている。寝返りを打ってしばらくしたらウトウトするのは良いのだが、足が下敷きになって血が溜まって行く感じがする。これがとてもとても不愉快なもので気がそちらの方に行ってしまって安心して寝れたのもではない。私は溜息を吐く羽目になったという訳だ。

 

それはさておき、私は太宰治人間失格を読んだ。葉ちゃんと私を結ぶ何かしらのモノを共感できた。悪い意味で、だ。それらのせいで私は大人しくできず本を読む羽目になったのだ。オマケに図書館なのにうるさい奴も出てくるもので、それはそれはとてもたまったものではない。しかしながら、その内容、文の構成はとても美しく繊細かつ緻密に描かれていた。買いたい。私の創造心を大いに刺激した。これは良いことだと思う。以上、ではこれにて。