新垣

罪人の記

新垣とThe Beatles

私が小学5年生の丁度秋だったと記憶している。The Beatlesというとても偉大なバンドに出会ったのは。その頃の私は音楽に飽きていた。日本のポップスの歌詞はつまらん。退屈だ、などとロクに聴いてもいない少年の口は大きかった。

 

そんな日々にだ、母さんがThe Beatlesの赤盤青盤をいとこから借りてきたのは。私は少し昔にジョンレノンの本を読んだ。彼がどんな人物でどんな曲を書くのか気になった。早速聴いた。Love Me Doから私は吹っ飛んだ。私は早速赤盤を念入りに聴いた。昔も今も、Please Please Meや、All My Lovingなどからとても影響を受けた。大きすぎたのだ。何もかもが。

 

赤盤はどちらかと言うと聴いたことのある曲は少なかった。しかし私は赤盤あってこそ今があると感じる。初期の人気曲を収録したこのアルバム。まず上記の2枚と1が好きなんて言ったらニワカのレッテルを貼られ虐められるのがオチだと知っている。無難にsgtなんて答えるのが最近の事情って感じで……好ましくない。

 

話が逸れた。初期のThe Beatlesは、本格R&Bバンド(笑)なだけではなく、彼らの範囲の広さが何となく分かるような雰囲気である。普通に聴いても楽しめるが、ベースラインや、曲を壊さないギターソロ、ロックのビートの基盤を作ったドラム、何よりも彼らの音楽の守備範囲とアレンジ能力の高さは認めざるを得ない。彼ら個人に特別凄いと言える能力は多くはないが、今では知ってなければキレる信者もいるくらい名が広まっていった。いや、知らない奴は知らないんだよ勘違いするな。

 

青盤、一気に雰囲気が変わったが、すんなり入れた気もした。青盤は聞いたことある曲は多々ある。オブラディオブラダなんかが好きだった。今では大っ嫌いだが……。青盤の魅力は上記のアレンジ能力の云々に加わる、曲が複雑になったり、個人のスキルが目立って来た頃の人気曲を集めたもの、に限る。私自身The Beatlesなんてそんな自身満々に「知ってる」なんて言えない身だが、これは言い切っても良いと思ってる。ダメ?そっか……。

 

なんで、いきなりThe Beatlesの話するかって言うと、今赤盤を流しているからである。赤盤はいいね。雰囲気が好き。The Beatlesって感じ。なんだかんだ俺は初期の頃に影響を受けてるのかも、しれない。因みに1番好きな曲は、Dear PrudenceとIf i needed someoneです。以上、解散