新垣

罪人の記

輝き

闇夜の中で輝くその瞳の

一瞬の間輝いたその火花

僕の心もそれくらい眩しく

輝けたらなと羨む午前1時

星空が輝いて見える窓辺の辺り

悔しい思いは誰かに見せはしない

でも心は脆くて弱く情けないよ

闇夜の中、道化達は笑顔を絶やさず

切ない表情心の中へと押し込んでく

闇夜の中、道化達は笑顔を絶やさず

それでも心は傷だらけ、涙浮かべて

君は僕に何をするの?

君も僕を傷つけるの?

僕は唯絶望し、立ち尽くすだけ

僕は唯全うし終えて、火を消した